僕ハココニイル

グダグダと生きるオタの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

傲慢 怠慢



上向いてー


あるこー


涙がー


零れ落ちないようにー




進藤「どうしたんですか?」


夏紗「また、我が親友が遠くに行ってしまった…」


進藤「あー…

T.さんね」


夏紗「ま、名古屋に行っただけだから本気になれば会えるんだけどね」


進藤「何じゃそりゃ」


夏紗「朱鷺もT.の字も離れて行くのね…

寂しくて夜も寝付けない!」



進藤「午前中寝てばっかりなだけでしょ」

夏紗「バレたか」




親友を大事にしよう!
スポンサーサイト


  1. 2009/03/22(日) 19:34:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

存在、価値、意味2話 「彼女と町」 | ホーム | 存在、価値、意味1話「序」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rakuboku.blog96.fc2.com/tb.php/663-a8c987ad

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。