僕ハココニイル

グダグダと生きるオタの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

存在、価値、意味1話「序」



せっかくなんで一話もうpしときます


プロローグだけじゃ意味不明ですからね(ぇ


ただ、あくまでもボツネタですから可憐に散ります




一話













私は両親を殺して、捕まった


理由など覚えてない


ただ、この手が真っ赤に染まっていた事だけは覚えている






この世界には罪人を更正"させる"場所がある
未成年であれば犯罪履歴に関係無く、死刑囚や無期懲役の奴以外を閉じ込める村がある

私は成り行きでそこに閉じこめられた




「空が青い…」


夏の始まり

道は陽に焼け、暑い

だが、まだ真夏じゃない

これからもっと暑くなるだろう



「囚人番号41番
只今、参りました」


私はこの糞暑い道に立つ"指導人"と言う名の監視役の人物に挨拶をした


「あ、ご苦労様です

暑いですね」


指導人が振り返ると、その人物は優しそうな瞳の女性だった


「私は、指導人の宇都宮 優香(うつのみや ゆうか)と言います

貴方は確か簗瀬 巽(やなせ たつみ)さんですよね?」


「そうです」


宇都宮と名乗る指導人はこちらをじっと見ている


「何か?」


「あ、いや~

巽って言うから、てっきり男の子かと思いましてね」


「私もそう思います
過去に何度も間違われた事があって…

しかし自分ではこの名は男にせよ女にせよ気に入っております」


「ぁ…

ごめんね」


「謝る必要はありませんよ

そういう名ですから」


「…

それでもごめんね」


彼女は何度も私に謝った






私はこの村の仕切りを越えてから長い距離を歩いた

周りは草木が茂り、太陽の光を浴びた時に出る良い匂いがしていた


「良い匂いですね」


指導人は私に話しかけてきた


「そうですね」


「寮の近くには小さな向日葵の花壇があるんですよ

夏になると、それはもう…」


彼女はニヤニヤしながら話しをしている


「向日葵が好きなのですか?」


「はい♪

向日葵は私の生きがいですから♪」


深くは聞かないでおこう

こういう類は話しが長くなりそうだ





太陽は私を照らす


だけど、こんな光りでは心の曇りは晴れない

額から流れる汗

私は目を閉じ、小さな風を体で感じる




「もしかしてこの近くに海があるのですか?」


「え?

よくわかりましたね」


「何となくですよ」


「けど、ここからは結構な距離がありますけどね

昔、その海から脱獄しようとした人がいたのですけど失敗したそうですよ」


「へぇ…」


つまり、海から逃げれないようだ


ま、私は逃げるつもりは毛頭無いのだがな




そこからまた暫く歩くと、学校のような大きい建物が見えてきた


私は指導人に連れられるまま、その学校らしき建物の中に入って行った

それから職員室の表札がある部屋まで着いてきた


「ここが職員室ね

私に用事がある時はここに来て下さい」


扉を開くと、中には若い男女の教師が1人ずつ仕事をしていた

私は軽く挨拶をした



それから学校の隣りにある寮まで連れられて行った


「ここが今日からあなたが生活する部屋です
あ、あとこれがこの部屋の鍵ね」


私は203号室と書かれた小さな鍵を指導人に渡された


指導人に部屋の中を案内してもらう事にした

中は少し安上がりなアパート風になっており、リビングにキッチン、シャワー付きの風呂場とトイレ
おまけにベランダまで設備されていた


「あ、洗濯機は後で新しいの持ってくるように頼んでおきましたよ」


私はベランダに出て、周りの風景を見渡した


青空をバックに山と川

そしてこの町を区切る壁

自然に囲まれて景色は悪くなかった


「ここから見える景色は良いですね」



私は呟き加減に言った


「えぇ…

私も良いと思いますよ」


指導人は何か寂しげに答えた




それから彼女は
「とりあえず明日の午前7時30分までに学校の職員室に来て下さいね」
と、告げてから去って行った



さて、何をしようか

部屋の探索は夜にでもできる

なら、外にでも散歩に出かけよう


私は身軽な格好で外出する事にした
スポンサーサイト
  1. 2009/03/19(木) 21:50:32|
  2. 小説 -存在、価値、意味-|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

傲慢 怠慢 | ホーム | 存在、価値、意味

コメント

米レス

・ギコエル さん
勝利を掴めと轟き叫ぶ!って言ってほしいのですねw

>203号室
モデルは知り合いのマンションだなんて言えませんよw(ぇ
  1. 2009/03/23(月) 00:21:22 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

私の手が真っ赤に染まる!!
しかし203号室はいい部屋ですねw多分私の部屋より快適ですよww
  1. 2009/03/20(金) 21:26:55 |
  2. URL |
  3. §ギコエル§ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rakuboku.blog96.fc2.com/tb.php/662-9913f2a2

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。