僕ハココニイル

グダグダと生きるオタの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

何だかいい気分





だった三日間にありがとうorz

おじさんは明日、今年最後の出勤だおorz



ちなみに一月は2、3日出勤とかオワタorz

おじさん的にはもう5日までずっと休みでいいよ


ちなみに2月の5日ねwww(マテ


なんか久々に電波が受信されたので文章にしたらおかしな事にw


なんだろな

金田一少年の事件ry

違うな

戯言シリーry



どうしてこんな事が思いつくんだろw


まぁいいや


どうせネタなんて無かったしw


つーわけで今年最後のショートストーリー

略してSS

別にスッゲー小説って意味のSSでも、スッゲーサドって意味でもありません


とりあえず

DDSS(毒電波ショートストーリー)ですね


始まりハジマリ




(ちなみにラジオの今年最後の収録版はNGだらけだったので処分しましたorz)


----------------------------




突然、殺人衝動が起こった

それは自分でも気がつかない内に

怒りでも

憎しみでもない

けど、何故だか”人”と、いう”生物”を殺したくなった



----------------

【犯行者A】


俺の場合はそうだな

目の前であった自殺が原因かな?


あれは学校の帰りだった

自宅への帰り道

いつも通る通学路に建つ、マンションから一人の女性が5Fから飛び降り自殺をしたんだ



普通、目の前で人が無残に散ってしまうと、恐ろしさでいっぱいになるはず

けどあの時、俺は何故だか"美学"を感じた

血の赤さから肉の砕け方

ピクリッとも動かないその無機質的な存在に変わる瞬間


綺麗に言うと、"人"という操り人形から"糸"が切られたような感じ

俺はそんな光景に惚れた


一般常識からしてみればそれは"異常"、"狂気"

だが、仮にこの世界の人間全てが、誰かが死ぬ事に慣れてしまえばそれが"常識"、"日常茶飯事"



だから俺はこの世界の人間に慣れて欲しかったんだ

"人が死ぬ"という"美学"

俺はきっと神から人類全てにその"美学"を"常識"にさせる為の使者なのだと悟った

だからこそ

俺は

"美学"を貫き通しただけだ



何が可笑しい?

お前たちは自分が正しいと思っているのか?

ただ、周りの人間が"それは間違っている"と思っているから"そう思う"なんて合わせているのだろ?

そんな多数決で決められたような"常識理論"に囚われてるのか?


ほら

周りをよく見てみろ

"常識"なんてものに囚われない"人間"が居るじゃないか

俺達は決して"異常者"じゃない

ただ他人とは"考え方の違い"がはっきりしているだけだ


遠慮するなよ

お前も本当は"周りが間違っている"と知っているのだろ?

ならさ…

お前も俺と一緒に"考え方"を変えてみろよ

俺達は何の為に"思考力"を得た?

何の為に"個性"を得た?

お前はそれを生まれながらにして、飼殺しにするつもりか?

それじゃぁ"自分を殺す"のと一緒だぜ?

ほら…

考えろよ…

何でお前はそんな所で縛られてるんだ?

一度考えて行動に移せば、そんな所からいつでも抜け出せれるんだぜ?


迷うなよ…

一度迷えば、二度とは戻って来ないぜ?




やっちまえ…



たった一突きだけだ…



ホラ…



ヤッタジャないか…



アトはバラすだけ…



キレイnisiyo



kiridsakidsfsafscicsmksoafhdbias





















-----------------------------------------



「で、犯人のAはその後どうなったのですか?」


女性は殺人犯の話しを語ってくれた男性に聞いた


「ん?

あぁ、牢獄で舌噛んで自殺したさ。」


男性は紅茶を飲みながら答えた


「ま、あぁいう類は"感染"しちまうからな。

自分の考えを他人に押し付け、"もう1人の自分"を作る"洗脳"に近い言動。

で、聞き手は納得してしまい、その"感染源"に洗脳されちまう訳だ。」


男性は紅茶を飲み干した安物のカップにまた、紅茶を淹れ始めた


「飲みすぎですよ。」


女性がそう言った瞬間、男性は女性に指を指して言った。


「そうだな。

ここで俺がお前の言う通り、自分で"飲みすぎ"と思わされたなら、それはお前が俺に対して"思考の変更"が成功した事になる。

だが、ここで俺がまだ飲むならそれは"失敗"って訳よ。」


女性は呆れながら言った。


「はぁ…

今日はそんな"とんち"を聞きに来た訳じゃないんですけど…」


「そうかい。

そうだったら早く用件を言って…」


「先生がいきなり、昔にあった殺人事件のファイルの話しを振ってきたのが原因でしょ?

それで私の話しをスルーされて…」


「悪かったな。

こっちはそれ相応に暇なんだ。」


「だけど、メインの仕事はして下さいね。」


男性は窓の外に見える景色を見て呟いた


『思考の違い…

それは宗教戦争でも同じ事言えるよな…

ま、個性は大事だよな。』



その日の風はどこか冷たかった
スポンサーサイト
  1. 2008/12/29(月) 23:43:19|
  2. 無題|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

年明け日記 | ホーム | 12月29日のココロ日記(BlogPet)

コメント

つ http://db1.voiceblog.jp/data/emphous/1230729036.mp3

今、同時にまじめな曲作ってたから、変な曲だけど。よかったらどぞw
作風変わりすぎwwww毒電波感染したwww
  1. 2009/01/03(土) 02:13:33 |
  2. URL |
  3. swift #w6XFEYVU |
  4. 編集

米レス

・マキなな さん
お互いに御苦労さまですよね…
確かに正月ですら休みの無い会社は嫌になりますよねー

>感染
無個性って事に気づくだけマシですよw
自覚の無い存在が一番怖いw


・swift さん
まぁ、毒電波の力はおじさんですら測り知れませんからねw

作曲、がんばってください♪
  1. 2009/01/01(木) 02:56:39 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

なんか久しぶりにおじさんの本気を見たんだが・・・

これは曲を書くしかないですね・・・(何
  1. 2008/12/31(水) 14:06:40 |
  2. URL |
  3. swift #- |
  4. 編集

年末年始出勤ご苦労様です。
自分が1月2日から出勤しろと言われたら会社やめますw

ああ、自分も”感染”してしまった…
無個性な人間でサーセンw
  1. 2008/12/30(火) 16:23:54 |
  2. URL |
  3. マキなな #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rakuboku.blog96.fc2.com/tb.php/608-64e17c5d

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。