僕ハココニイル

グダグダと生きるオタの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

短編(電波受信)小説  小さな灯火 太陽の光


やっほー

夏休みエンジョイしてる諸君は楽しんでるかな~

社会人はお盆休みかな~


お盆休みの無い人々よ

おじさんと一緒にこの暑い夏を乗り切ろう

だが乗り切っても無駄だが、それが社会と言う過酷な道であり、生きる術なのだ








さて、にたしきの続きを書かないといけないのに「そらの隙間」のピアノアレンジを聴いていたら、何か電波を受信しましたw


とりあえず受信した電波をメモしてると意味のわからない小説にw

まぁ息抜きだと思って軽く流してくださいw


ただおじさんが言える事は


気がついたら暗い話しになってた

って事です


それじゃスルータイムでw







少女は大好きな向日葵を育てていた


「今日も元気に育ってね」


向日葵は元気だ

その向日葵が元気なのは、太陽の光があるからこそである


「いつもありがとう」


少女は太陽に感謝をした




ある日を境に、太陽は姿を現さなかった

向日葵は日に日に元気を無くしていく

少女は困り果てた


「どうして太陽さんは出てこないの?」


少女は嘆いた

太陽の光を浴びる事のできない向日葵が枯れていく

そして少女が向日葵に会いに行く道でさえ暗闇に閉ざされたから

少女の大切な物が失われてゆく

少女の道も失われてゆく



少女は暗闇の中で願った


太陽が現れてくれる事を


だが、それでも太陽は現れなかった


やがて少女の世界が闇に埋もれた頃に気づいた


私が太陽になれば良いのだと


少女は自分の命の灯火を太陽の代わりに光らせた


そして


少女の道に光が差し、向日葵は元気を取り戻した


「ありがとう、私の太陽」


少女が自分の光に感謝をした時、彼女の灯火が消えた


少女は死んでしまった






その光景を見ていた少年は悲しんだ


少女が命を懸けて育てた向日葵が誰の光も受けずにまた枯れ果てようとしているから


そして少年は少女の残した物をまた命の灯火で光を浴びさせた


「僕の光で彼女の残したモノを繋げよう」


向日葵は元気に育った


そして少年もまた、灯火が消えてしまった





少女の育てた向日葵は次へ次へと繋がれて、やがて向日葵は大きく育ちきった


ある少女が天に祈りを捧げた


「私達はどれほどの犠牲を出せば良いのです?」


天は何も答えなかった


だが、向日葵が代わりに答えた


「もういいんだよ」


向日葵から出た一滴の光の水滴は少女の手の中に舞い降りた


「これは?」


「それは人の命の輝きの雫

人が自分達の中に持つ光を集めた雫

だからそれをどう使うかは、人である貴方の考え方次第よ」


向日葵は言い終わると枯れ果ててしまった





少女は光の雫を空へ返した


「人が積み重ねた命と言う名の光の雫

だからね

雫は太陽と一緒に輝いていないといけないの」


少女はそらの隙間に光を見た


光は暗闇を掻き消すようにどんどん広がって行く


やがて世界は光に照らされた


昔、少女がとった行動は間違ってなかった

ただ、"それ"がずっとあると解り、"それ"がある事を当然だと思ってしまったが為に太陽は消えた


やがて少女は自分自身の光を使ってしまい、散ってしまった


後に続く者は先に逝った者の敷いたレールの上しか通らなかった

だから少年や、他の子達もただ繰り返す月日を繋げるだけだった


一巡した世界で


少女はこれまでの繰り返しに気づき、"それ"の存在を大切にしようとした


だから人の手で愛された向日葵は人に機会を与えた


そして


少女は全て元に戻した


ただ、向日葵と言う存在と繋げて来た人々以外を







ずっと在ると思ってたモノが無くなってから本当の価値がわかる


だから一度、周りを見渡して見よう


きっと大切なモノが見つかるはずだから
スポンサーサイト
  1. 2008/08/14(木) 08:15:48|
  2. 小説 ‐その他‐|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

過去に見た美しき桜 キャラ紹介 | ホーム | 過去に見た美しき桜 10

コメント

米レス

・暇音 さん
本当にね~
弾けたらいいんだけどね~
おじさんは青空の主音しか弾けないよw

>小説
君に電波をw
  1. 2008/08/15(金) 14:06:19 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

>そらの隙間ピアノ
良いですね♪
私もこんなの弾けるようになりたいっすw


>小説
今までの中で一番好きですGJw
  1. 2008/08/14(木) 13:05:15 |
  2. URL |
  3. 暇音 #- |
  4. 編集

米レス

・マキなな さん
盆休みで実家ですか~
おじさんは毎日実家に(そりゃそうだw
まぁ休みが長いと働きたくなくなるよねw
だから働いたら負けry


>小説
恐縮です
ただ、電波受信してると段々と主旨が変わってきたような…w


・アルク さん
羨ましいです…
まぁ今のうちに人生を楽しむが良い!
やがて社会と言う名の車輪に押しつぶされてしまうのさw

そしておじさんは今日も二次元の為に働くのであったw
  1. 2008/08/14(木) 12:31:39 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

夏休みたっのしーなー♪(蹴
ってことで夏紗はホントお疲れさまです。。。
頑張って働いていっぱいえろげーとかしーでー買ってくださいね!(うっさい
  1. 2008/08/14(木) 12:17:53 |
  2. URL |
  3. アルク #- |
  4. 編集

盆休み中の社会人(ニート予備軍)ですw

いい電波で勉強になりました。
自分は無くなってからそれが大切なものだったと気づくことばかり。
ふとした時に改めて周りを見渡してみるようにしよう。
  1. 2008/08/14(木) 08:46:03 |
  2. URL |
  3. マキなな(実家) #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rakuboku.blog96.fc2.com/tb.php/492-0e48cb98

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。