僕ハココニイル

グダグダと生きるオタの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

過去に見た美しき桜 2


一応、書き置きはこの回までですw

ほんと、ゆっくりだよ!



仕事がダルいからだとは言わない

面倒だからですw(マテ




前置きはここまで



本編始まります






----------------------------







「今日は何処に行く?」


亮は菫に聞いた


「ん~、久しぶりに散歩しよっか」


「そうだな」



亮と菫は近くの河川敷を目的も無しに散歩する事にした

2人はこんなのんびりした事をたまにするのだ


「今日は暖かい天気よね~

洗濯日和かしら♪」


「そうだな~

縁側で日向ごっこもいいな~」


「え?
日向ぼっこじゃないの?」


「俺は昔から親父に"日向ごっこ"って聞いてたぞ」


「ふふっ♪

本当は"日向ぼっこ"って言って寒い時にお日様の下で暖まる事を言うのよ♪」


「へ~

そうなんだ

田舎特有の言い方なんだろうな

多分、俺の地元でしか通用しない"なまり"のようなものだろ

ま、どうでもいいけどな」



2人は他愛の無い話しをしながら空を見上げた



「花見…いつしようか?」


「2人だけでか?」


「別にいいじゃない」


「そうだな」


「平日にするか?」


「そうね

休日だと、人が多いからそっちの方にしようか」



2人の通う大学では単位が一定以上習得済みの学生は必修科目以外であれば登校しなくても良いと言う校則がある

これは近年のゆとり教育の影響らしい


「ちょっと休憩しよっか」


「そうだな」



2人は一本だけ佇む桜の木の下で座り込んだ


亮は空を見上げるように寝そべって、菫は亮の隣りで体操座りをした





少ない雲がゆっくりと流れる



桜はそよ風に揺られ


草原も同じく揺られる








一瞬、亮は視界が揺れたしたような気がした

ただの目まいだろう





次の瞬間、女の子の声が亮の頭上から聞こえた


「キャッ」


ドサッという音と共に亮の腹もとに何かがのしかかった


「ぐへっ」


彼は思わず声をあげてしまった



「痛たた…」


亮の体の上に茶髪の女の子が倒れていた


「重い…」


さほど重くは無かったが亮なんとなく口に出した


「あ、すみません」


女の子は亮からすぐ離れながら言って、隣りに居た菫の足に躓いた


「「キャッ」」


2人して声を揃えて驚いていた


「大丈夫か2人とも」


「私はちょっと驚いたかな」


菫は無事のようである


「本当にすみませんでした」


女の子はまたすぐに立ち上がり頭を下げて謝った


「気をつけなよ」


「…」


女の子は頭を下げたまま返事をしなかった


「大丈夫?」


菫は女の子を心配していた


「…返事が無い

ただの屍のようだ」


「そんな冗談言わないの」


亮は軽く叱られた


「ねぇ、どこか痛い所とかあるの?」


女の子は頭を上げて言った


「はい、どこも痛い所は無いのですが…

ん~」


何やら何かを考えてるポーズをとっている


「実はさっきので記憶喪失になったとか?」


亮は軽い冗談を言った


「そんな訳無いでしょ」


彼はまた軽く叱られた


「えっと…ですね

ちょっと冗談じゃないかもしれませんね…」


「「…」」


亮と菫はしばし沈黙した



亮はアニメや漫画のような夢みたいな話しがあるわけが無いと自分に言い聞かせた

だが、その物語も目の前で始まっているのである




「(どうしろってんだよ…)」


亮は頭を抱えて悩んでいた





Strange Girl

"未知の少女"




-----------------------


ゆとり乙



日向ごっこはおじさんの地元ネタですw

まぁ「ぼっこ」が「ごっこ」に聞こえてるだけだから気のせいだよねw


とりあえず続きがんばって書きますw

(てか、ここから物語が始まるw)



それじゃ、仕事しにゃきゃorz
スポンサーサイト
  1. 2008/06/25(水) 12:29:41|
  2. 小説 -過去に見た美しき桜-|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

過去に見た美しき桜 3 | ホーム | 過去に見た美しき桜 1

コメント

米レス

・マキなな さん
だよね~w

空から女の子が落ちてくるのは月は東に日は西にry
  1. 2008/06/26(木) 08:24:36 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

>日向ごっこ
「ごっこ」って言ってた。だってそう聞こえるんだもんw

学生はいいな~、あの頃に戻りたい。
自分にも空から女の子降ってこないかな(病院いけ
  1. 2008/06/26(木) 00:24:36 |
  2. URL |
  3. マキなな #- |
  4. 編集

米レス

・影武者 さん
なんとなく思い上がる言葉はいつも同じなのw

>ハルヒ
キョンが居るから彼には出番がry


あと、急展開でスマソw

・ギコエル さん
騙されるな!
実は大学宣伝用のry

>記憶喪失
痴呆症の人ならおじさんが(マテ

やっぱり記憶喪失なら女の子が一番なんだ!(魂の叫びw
  1. 2008/06/26(木) 00:07:48 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

俺・・・大学行こ!
大学に行けば菫さんに(ry
僕の身近には記憶喪失チックな奴はいませんねー。。
いたら困るけど、いてほしいです><
  1. 2008/06/25(水) 23:06:52 |
  2. URL |
  3. §ギコエル§ #- |
  4. 編集

>…返事が無い。ただの屍のようだ
どうやら、このネタはお気に入りなのですねw

しかしまぁ、かなり急展開ですねw


>「(どうしろってんだよ…)」
亮君の飲み込みのよさは異常ですね 最高です
亮君には是非ともハルヒに登場してもらいたかったw
  1. 2008/06/25(水) 23:01:07 |
  2. URL |
  3. 影武者@わふー #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rakuboku.blog96.fc2.com/tb.php/457-ef3109e7

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。