僕ハココニイル

グダグダと生きるオタの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

おかま プロローグ



夏紗 復活~!

進藤さん すでに日付変更してますよ?

夏紗 orz





いや~久々にパソコン触ったってかまともにブログ見ましたよwwww

それでももう時間が全然無いのはイジメか

きっと某神父が時間を加速させたんだよ






とりあえず保留してたネタ


暁の護衛の予約キャンペーン当選しました!


P41200021.jpg


誰のサインかよくわからない件について


たしか原画家の人かトモセさんのサインのはず…
ちなみに絵はコピーだそうです

それに水色のフィルターは本名で名前が刻まれてました


うれしくてつい、腕立てしてしまったなんて気のせいです(オチツケ





<今週のカオス>


今週は毎日が睡眠時間2時間は洒落にならなかったわ


<小説の話し>


今日から新シリーズ

「お かまiいたちに夜」

が始まります~。


本来はギャグで4話くらいで終わる予定でしたが気がつけば普通の話しに・・・


まぁ男の娘が居れば問題無いですよね?w



とりあえず今日はプロローグから始まります








【北谷 稲城(きただに いなき)】




『前略、我が親友へ。


今、俺はバイトを頑張ってます。

そっちはどうですか?。

こっちは…




「キイちゃん~フロア来てよ~」


俺は店長に呼び出されたので皮肉を書こうと思った手紙をポケットに詰め込んだ。


「今行きます~♪」

そして"俺"は"私"に変わる。




















―――数ヶ月前の事。


「いい所無いかな~」


俺はバイトを探していた。

無論、小遣い稼ぎの為だ。


「有る事は有るぞ」


俺の親友、園先(そのさき)が言った。


「時期いくらだ?」


俺は稼げるなら何処でもよかった。


「ざっと1200円だ」


「ちょ、かなり良いじゃねえか!

どんな内容だ?」


「知り合いの店で…

"ちょっと"した喫茶店の接客」


「俺でも行けるのか?」


「ふむ…

お前、店長好みっぽいからすぐ採用してくれると思うぜ」


「よし! 今日の放課後から行こう!」


はやる気持ちを爆発させながら言った。

だってさ…時給800円なら考えるけど1200円だぜ?

こんなおいしいバイトなんて滅多に無いから早く行ってみたいんだ。


「まぁいいぜ。 案内してやる。

ただし、後悔するなよ?」


「そんなもん、後悔しないぜ」

今、思うと。


仕事内容を詳しく聞いておくべきだった…







放課後、俺達は例の喫茶店に来ていた。


「"成れの果て喫茶"?

また異様な店だな」


俺は園先の案内で店内に入った。


見た目は普通の喫茶店だ。

骨董品も凝った感じ。

まぁこんな職場なら問題無いな。


「いらっしゃい」

店長らしき大男がこっちに来た。


「オーちゃん久しぶり~♪」


園先はいつも使わない"女みたいな"声で挨拶した。

…女みたい?


「ソーちゃん久しぶり~♪」


大男も同じく女みたいな声で迎え入れた。



おかしい…

何かおかしい…


「この子が例の?」


「そうそう♪

例のあの子よ♪」


俺の知らない世界が展開されている。


嫌な予感が…



「あれ、彼の顔色ちょっと悪くない?」


「あー…多分、ここの事を詳しく話して無かったから~♪」



俺はついに口に出してしまった。


「ここって…何の店なんですか?」




「オカマ喫茶よ♪」





お父さん。



今、俺は



未知の世界に踏み入れようとしてしまってます。



どうすればいいですか?



祈ってみると俺の脳内に天使と悪魔が現れた。



『いーじゃん、時給がいいバイト先なんて滅多に無いんだぜ?』

と、悪魔。


『いいえ、今後の為にもっとまともな店で働くべきですよ』

と、天使。



俺は…


『チャレンジ精神だ!』


笑顔で去る悪魔と、何か変なん物を見るような目で見てくる天使に別れを告げた。





「…たらきます…」


「ん?」


店長が聞き直す。


「俺、ここで働きます!」







この日から俺の人生は一転したような気がした。






"人生、何が起こるかわからない"










開始しますた


スポンサーサイト
  1. 2008/04/13(日) 02:24:51|
  2. 小説 -お かまiたちの夜-|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

04月13日のココロ日記(BlogPet) | ホーム | 夢の男の娘

コメント

米レス

・高嶺智早 さん
うれし泣きしたいのに疲労のつき涙も出ないっすorz

・マヤっち さん
おお!
おめでとうございます!

トモセさんのサインだともっと喜ばないと♪

・とまぴょん さん
後悔は次に繋げて希望と為すw
次回も応募があれば参加しないとさw

・ブルータス さん
ナイスブルータスさんw
また一人称視点に戻してみましたw

そうですが、働きませんかw
けど、イメージはメイド喫茶のようなものです(ぁ

・ポーパス さん
期待されると幻滅しますぜぇ(ぇ

・マキなな さん
ネタ小説ですから気にしないでください(ぇ

まぁメイド喫茶のようなものだと思えばw

・おたふく3号店 さん
家宝にするのは当然ですよw
ちなみに大事にショーケースに閉まってます♪

・暇音 さん
案外やってみるもんですよ♪

まぁ最近じゃ千円代のバイトなんて滅多にありませんからね…
  1. 2008/04/14(月) 23:38:40 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

当選おめですw
そういうのは絶対あたりませんね~;;

>小説
苦しい生活だったら
迷うかもな~・・・。
  1. 2008/04/14(月) 01:30:07 |
  2. URL |
  3. 暇音 #- |
  4. 編集

キャンペーン当選おめでとうございます♪
トモセさん人気もあって、かなり競争率が高かったと思うし、当たってよかったですね。
その運を私にも分けて欲しいですw(マテ

もちろん色紙は家宝にしますよね?w
  1. 2008/04/13(日) 22:42:37 |
  2. URL |
  3. おたふく3号店 #JalddpaA |
  4. 編集

>色紙
いいな~その強運を少しわけて欲しい。

>小説
今回はまた今までにない話だね。
オカマ喫茶…入る勇気はないなw
  1. 2008/04/13(日) 19:57:33 |
  2. URL |
  3. マキなな #- |
  4. 編集

期待してますw
  1. 2008/04/13(日) 17:20:53 |
  2. URL |
  3. ポーパス #- |
  4. 編集

誰も小説の話をしないので小説の話をば。

書き方がリレー小説の時みたいになってますねw
懐かしい_・)

時給1200円でオカマとして働くかと聞かれたら答えはNOですよ~!
  1. 2008/04/13(日) 17:06:30 |
  2. URL |
  3. 青+ #- |
  4. 編集

色紙当選おめでとうございます
暁は応募するの面倒だったんでやってなかったっす
当選した人見ると、
やっぱ応募しておけば~なんていう後悔が・・・
  1. 2008/04/13(日) 11:06:24 |
  2. URL |
  3. とまぴょん #mSJ4b.Ho |
  4. 編集

>色紙
自分も当選しました(^O^)/
たしかトモセシュンサク先生のサインのはず
当選した当日は嬉しすぎてなかなか眠れませんでしたよw
  1. 2008/04/13(日) 10:47:00 |
  2. URL |
  3. マヤっち #- |
  4. 編集

色紙当選おめでとう♪
しゃんぐりらやトモセさんは人気高いから
凄い当選確率だよ。
コピーとは思えないほどの絵で羨ましい~!

  1. 2008/04/13(日) 06:55:39 |
  2. URL |
  3. 高嶺智早 #QNjftStU |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rakuboku.blog96.fc2.com/tb.php/398-aea2d072

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。