僕ハココニイル

グダグダと生きるオタの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

彼岸花に別れを 第二十五話 過去編「交差」


20080331165758.jpg



夏紗 後光が眩しいぜ…

進藤さん どうしたんですか急に?

夏紗 いや、こんなに晴れてるのに気温が10度だったから微妙な気分だったんだ…



オチないネタはするもんじゃないなw


どうもー

家に帰って来るまではハイテンションだったけど帰った瞬間乙モードに入ったおじさんですorz


ちなみにゲームは並列インストしてるのでPCが火を噴いてますw

ちなみにサクラ大戦DSを積んでるのも忘れてましたw


うむ~

記事書いてる途中で書く内容忘れるとは流石だなおじさんはw




そういえばキディ・グレイドがあまりにも知名度が無かったのがちょっとショックだったかな~

まぁあの頃は…純…

いや何でもないやw



あの頃はストラトス・フォーも観てたな~



自分に絶望orz









さてぐだぐだと無いネタを搾り出すより早いこと小説に移りましょうw




<小説の話し>

今日は仕事現場で一時間くらい暇があったので一気にネタを振り絞りましたw

なんつーかリアルに30話越えますw


気合?

いや、何か使命感が…じゃなくて

ただの気まぐれさwwwww



それじゃー本編始まります♪









「ただいま~」


三鷹が帰ってきた時には鼎はすでに眠りについていた。


「もう寝てる…のね」



三鷹はドクターから預かった書類を広げて見た。







『不可視についての一時レポート。


現段階での解明できた事を記す。




不可視は使用すると莫大な情報が使用者に流れ込む様だ。

情報についての詳細は不明。

ただ、その情報量は人には背負えないくらい有ると見た。

これを軍事利用できれば恐ろしい事になる。




しかし人はその情報を扱いきれず精神を平常に保つ事ができなくなり、やがては精神崩壊に辿り着く。

この段階で普通の人間には手に負えないのだ



次に覚醒について。


覚醒者の瞳は黄金に輝く事が以前からわかっていた。

名前通り"不可能を可能にする力"

なら、使用すると何故、絶命するのか。


これは"力の代償"と推測する。

この世は何事にも代償が発生する。

それは不可視も同じのようだ。




不可視の実質的な能力。

それは未だに限りない未知の力。

ただ今、言えるのは"世界の法則をねじ曲げてしまう"ほど恐ろしい能力だろう。

もし、覚醒した者が居れば速急に対処しなければ我々は無論の事、この世界がどうなるかわからない。

予想として、能力者の視覚を奪えばなんとかなるかもしれない。


ただ、過去に完全に覚醒した者は誰一人として居ないから資料が無いのだ。




後、”ならず者”の代わりになる化け物の開発が完成したので報告を。

"デッドパウダー"と呼ぶ薬。

それは適量の摂取をすると麻薬のような症状が表れるが、過剰摂取すると、体内でこのデッドパウダーが異常までな働きをし、肉体を変化させてしまう。

更に、脳にダメージを与えて擬似的に精神異常者のような状態になる。

ならず者には戦闘力が劣る上に、制御のできない危険な状態になるが、低コストの量産化には向いている。


ただ、我々はこのデッドパウダーを"薬物の恐ろしさ"を伝える為に裏ルートで流出させた。


"代用品の量産化"

"薬物の恐ろしさ"

この2つを同時に行える有効性が有るので必要が無くなるまで流出しようかと思う。



以上が私の報告です。



もし、そちらで何か変化があればいつでも連絡してください。

私は…僕はいつでも君の味方だから。

by. Dr.ダイ』




三鷹は報告書を違うメモ帳に書き写し、封筒に閉まった。


「ありがとうねダイ」


三鷹は報告書と封筒を金庫の下に隠し、自分のベッドに潜り込んだ。


「これで、この街はどう動くのかしら…」



そして三鷹は眠りについた。















三鷹が睡眠を取り始めて数時間後、鼎はゆっくりと目を覚ました。


「喉が渇いたわ…」


冷蔵庫に有る水を平らげてもまだ渇きが潤わない。


「水…」



鼎は水道水を飲み始めた。


「これでも…私の渇きは潤わない…」


まだ目覚め切れていない意識の中、鼎は部屋に違和感を感じた。


「うぅ………風邪かしら?」


そう言いながらも金庫の方へ近付く。


「ん?」


金庫の下に紙切れが挟まっているのを見つけてしまった。


「ふあぁ…全く、整理の下手な人ね…」





鼎はそのメモ帳を見てしまった。








この出来事が




三鷹の計画を狂わし




そして




鼎の”闇”を生んでしまったなど


この時、誰一人と気がつく筈が無かった。













ご苦労様です~


「世の中には知ってはいけない事が多いのだよ」


そんな感じですね~




これ以上は詳しくまだ言えないので逃亡しますwwwww




ちなみに現在、他の小説の原案が4っつも溜まってます


進藤「まずは今書いてるやつを終わらせてください」


っと言う事があったのでネタとして貯蔵しておきますwwww


それじゃーみなーさん




ごきげんよう♪

スポンサーサイト
  1. 2008/04/01(火) 00:28:24|
  2. 小説 -彼岸花に別れを-|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

彼岸花に別れを 第二十六話 過去編「疑 心」 | ホーム | キディ・グレイド鑑賞してますた♪

コメント

米レス

・暇音 さん
悪霊退散!www
そのうち、太陽浴びると溶けてしまいますよ?w

・とまぴょん さん
ストラトウフォーは同じく全部見ましたwww
知ってるのがワロスwww


・マヤっち さん
この前まで15度あったのに…
+風で更に寒くなりますねw

・ブルータス さん
>4っつの原案
実はリレーの時に言ったネタも入ってますw
  1. 2008/04/03(木) 00:55:47 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

>小説
あ~。見てはいけないメモを見てしまいましたねw

他の小説の原案4つにも期待ですb
  1. 2008/04/01(火) 23:05:05 |
  2. URL |
  3. 青+ #- |
  4. 編集

気温10度とかヤバすぎるw

>小説
更新頑張です。
  1. 2008/04/01(火) 08:45:13 |
  2. URL |
  3. マヤっち #- |
  4. 編集

キティ・グレイドは知らなくても
ストラスト・フォーの方はOVA含め全部見たことがある罠www

>小説
人間不信
あー・・・もうオワタ
  1. 2008/04/01(火) 03:53:19 |
  2. URL |
  3. とまぴょん #mSJ4b.Ho |
  4. 編集

しばらく外に出てないので
画像でもかなりまぶしいwww

>小説
こうやって人を信じられなくなって・・・。
  1. 2008/04/01(火) 03:33:19 |
  2. URL |
  3. 暇音 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rakuboku.blog96.fc2.com/tb.php/386-ee747327

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。