僕ハココニイル

グダグダと生きるオタの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

彼岸花に別れを 第二十一話 過去編「会合 後編」

【副題:もう一年か…】


夏紗 今日さ~ 会社の新入社員が現場見学来てたわけよ

進藤さん もうそんな時期ですか~
              早いものですね~

夏紗 (嫌だな~ って顔)

進藤さん どうしたんですか?

夏紗 おじさんより身長が高い奴等ばっかりじゃないか…

進藤さん 夏紗さんが小さいだけです




先輩としてやっていく自身が無い・・・

もうどうにでもなれ!

(現実逃避



つーわけでだ

生々しい話しはここまでにしようかwww









特に最近、目ぼしい話題が無いっすね


どうせなら自分で簡単なバトンを作りましょうかwwwww







微・少女げーむ愛好家バトン(えろげーも含む)




◆最近あった嬉しニュースは?

全然チェックしてないので不問




◆逆に悲しいニュースは?

無論、「G線上の魔王」と「二代目は☆魔法少女」の延期orz

ありえへんねんけど(久々に関西弁w




◆初めてプレイした美少女ゲームは?

スタジオ・エゴの夏神楽
あの時は欲しくて暴れそうだった



◆心に残った美少女ゲームは?

KeyのAIR

あれはおじさんの歴史を変えた(駄目人間の方面でw



◆これは無いわ…と思った美少女ゲームは?

オーバーフロウのスクールデイズ
本編は革命的(?)だったのは良かったけど修正パッチが死ねるw



◆好きな企業、もしくは作品は?

Key→AIR
あかべぇそふとつぅ→車輪の国、向日葵の少女
AXL→恋する乙女と守護の楯

以下略(書ききれないw


◆特に「俺の嫁だー!」って叫べるキャラクターは?

Piaキャロットへようこそ!3の高井さやか
例え周りが「空気ヒロイン」と呼ぼうが俺は嫁と叫び続けるのだ!(必死


◆貴方にとって、美少女ゲームとは何ですか?

生き甲斐、人生




◆バトンを回してくれた人の二次元に対する愛はどうですか?(主観で)

自分自身で言うのも何だがな…

愛情は昔から変わらないのさ♪(セピア色の瞳



◆最後に、次にバトンを渡したい人は?

我こそは変人!

っと言い張る英雄に手向けたいですなw



居ないか…

もう誰でもいいよーorz









自分で作ってて悲しくなりました


とりあえず逃げます(ぇ





<小説の話題>

これってさ…30話越えたらまるまる一ヶ月ほど書いてるって訳だよな?




ごめん、越えちゃうわ♪(死亡フラグ確立



とりあえずおまけのようなものなんで、見て無くても悲しくナイヨ?
ホントウナンダヨ?(グスンッ




さて、半分の冗談は置いといて

本編始まります









昼過ぎ。


"そよ風"と呼ばれるバーで待ち合わせをしていた。




1人目の人物が来た。


ミラル=ガンツァ。

彼は教会の最高責任者。
三鷹とは仕事で何度か顔合わせした依頼人。



2人目。

ハードル=リアス。

ミラルと同じく教会の人間。
マーベルトのおじいさん。
彼も同じく仕事での顔見知り。

仕事は主に諜報活動。
歳を取っても現役で働いている。



そして3人目。

Dr.ダイ。

彼は不可視研究所の1職員だったがあの事件後から責任者に登りつめた。











「異様な面子だな」


ミラルは渋々とドクターを見た。


「私も同感ですよ」


ミラルとダイは一応、敵対関係なのだから仕方がない。



「まぁ、私が仲介してるのだから今は争い事無しにしなさいよ」


三鷹が彼らをここに呼んだのだ。


「年寄りを呼んでまで何を企んでおるのじゃ?」


「ちょっとした暇つぶしよ♪」


「ほぅ、ならその"暇つぶし"を聞かせてもらおうか」

殺伐とした空気が流れる。



「今、この街は腐ってるわ。

人々は平和を唄い過ぎた。

平凡は堕落を生み出し、進化の可能性を無くしてしまう。

だから私は一役買おうかと思うの。

平凡を壊し。

再び向上心を植え付ける。

"悪"と言う役を」




「ほぅ…それは唐突じゃな。

だがしかし、"正義"を振りかざす教会の人間を呼んでどうするつもりじゃ?

ハードルは言った。



「それは貴方達にも関係が有るからよ。


ここに居るメンバー全員に協力してもらうわ」




「一応、計画は聞こうか」

ミラルが言う。



「まず、私が街を荒らし回るわ。

それで教会側は私を退治しに来る。

ドクターは私のバックアップで私がやった証拠を消して欲しいの」



「まるでイタチごっこだな。

我々に何か利得はあるのか?」

ミラルは睨むように三鷹を見た。



「まず、ドクターには私から研究資金を。

教会側には研究所の情報と技術提供、そして国からの援助金を



「それじゃあ君は?」


「私は…何も無いわ」


「それじゃ、成立せんな」

ハードルは不満足そうに言った。




「ふむぅ…」

三鷹は一息ついてから言った。


「そうね…なら私は次の世代の為に動くわ」



「次の世代?」



「そう、私が大きな闇となり、それを振り払う力…ここで言う向上心を次の世代に託すの。

それが私の対価」




「ふはは。

実に面白いな。

自分の為では無く、次の世代の為に動くなど、実にお人好しだな」



「そのお人好しの為に私は悪魔となるわ」






「あぁ、その事についてなんだが良い提案がある」

ドクターが口を挟んだ。

「研究所に居る"不可視に溺れた化け物"…
  いや、"ならず者"を君の代わりに使っていいか?」



「あの化け物じゃ、力量が違い過ぎない?」




「その為の技術提供だろ?」



「ほぅなるほど。


"第三者"を定義する事によって三鷹のお嬢ちゃんから目標を変えるのじゃな?」


「その通りです」


「だが、そのならず者は街に放浪させて大丈夫なのか?」


「奴らは紫外線に弱いんですよ。

まるで吸血鬼のように。

しかしこちらが開発した銃弾ならば昼夜関係無く倒せる。


だが1つだけ問題があるんだ」



「それは?」



「ならず者にも限りが有る。

何せ"元々は人間"なのだからね…」

「けど、悪を行使するには犠牲が必要なの」

「その為に市民も巻き込むのか?」

「かなり犠牲が出るわ

そうでないと人は危機感を感じない」




「そう言えば何故、ワシがここに呼ばれたのじゃ?

これだけの話しなら三人だけで充分じゃろ?」



ハードルは聞いた。


「ハードルさんには研究所に潜入してドクターの監視をして欲しいの」



「おいおい、私の事は信用無いのかい?」



「そう言いながらドクターも教会に何人か潜入させてるでしょ?」



「あれは…まぁ、念の為だからね」



「つまりお互い様な訳♪

異論は無いかしら?」





「異論とは言わないが…我々、教会を悪党に仕立て上げるつもりじゃないだろうな
?」



「何を言ってるのよ。

貴方達も充分、悪党染みた事をやってたじゃない」



「はっはっは。

三鷹のお嬢ちゃんはやっぱり面白いな」



「教会は今まで"正義と言う名の悪"だった。

そして研究所は"悪と言う名の正義"…でしょ?」



「まぁ、研究所は元々は病院のような存在だったからね」



「なら私達は仮染めの役を"本物"に変えましょう。

世界の為に」



「まぁ実質的にはこの場に正義は無いが…いいでしょう。

我々も役を演じようじゃないか」



「ありがとう。

助かるわ♪」








「教会は正義の為に」



「研究所は悪を知らしめる為に」



「私は未来の為に」



そして彼等は杯を交わした。





ご苦労様です~




悪とは何かそんな回ですたね




ちょっと眠いからここで打ち止めw



P.S

人が産んだ悪ほど厄介な相手は無い




ごきげんよう♪
スポンサーサイト
  1. 2008/03/26(水) 01:12:58|
  2. 小説 -彼岸花に別れを-|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

彼岸花に別れを 第二十二話 過去編「自分」 | ホーム | 彼岸花に別れを 第二十話 過去編「会合 前編」

コメント

おそらく身長の低さなら負けてないですw(ぁ

>例え周りが「空気ヒロイン」と呼ぼうが俺は嫁と叫び続けるのだ!
その漢気に惚れました

>我こそは変人
名指しで回された気がしました・・・(ぇ
  1. 2008/03/27(木) 04:17:28 |
  2. URL |
  3. アルク #- |
  4. 編集

自営業の自分は新入社員なんて永遠にナッシィングw
適度な話し相手がいるのもいいモンだよ。

自作バトンですか。
AIRはいいねぇ。
記事に困った時にやらせてもいますよ。


  1. 2008/03/27(木) 00:56:22 |
  2. URL |
  3. 高嶺智早 #QNjftStU |
  4. 編集

>◆貴方にとって、美少女ゲームとは何ですか?
>生き甲斐、人生
CLANNADは人生(人生という字を見るとついついw)
自分も美少女ゲームが生き甲斐ですよ。
人として終わってるな…orz


  1. 2008/03/26(水) 15:30:33 |
  2. URL |
  3. マキなな #- |
  4. 編集

米レス

・ブルータス さん
バトンは強要しないっすよw
ただの気まぐれですからw

>小説
そんな感じですね
悪が濃いければ正義も濃いくなる

そう、光と影のような関係です♪
  1. 2008/03/26(水) 11:56:55 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

みんながバトンもらってくなら自分はもらわない(え?

>小説
悪があってこその正義ということですかね?
  1. 2008/03/26(水) 10:30:12 |
  2. URL |
  3. 青+ #- |
  4. 編集

米レス

・とまぴょん さん
確かに返答は確定してしまいますねwww

そういう場合はそこの欄だけ訂正して…ぐへへw
  1. 2008/03/26(水) 09:53:16 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

変人が通りマース
自分も頂いていくのですよ
・・・ただ、問題があるとすれば
周りの人間に「俺って変人だよね?」って聞くと
高確率で「ううん、変態だよ」って返ってくることぐらいでしょうか
大丈夫・・・うん、大丈夫
  1. 2008/03/26(水) 08:55:16 |
  2. URL |
  3. とまぴょん #mSJ4b.Ho |
  4. 編集

米レス

・暇音 さん
暇音さんの嫁が気になる(マテ

>地獄
題名通りですなw
しかしまだ真相には迫れないオチなのですよw
  1. 2008/03/26(水) 07:47:02 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

バトン自作しちゃいましたかw
ありがたく頂いていきますねw

>小説
地獄にGOw
  1. 2008/03/26(水) 01:31:37 |
  2. URL |
  3. 暇音 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rakuboku.blog96.fc2.com/tb.php/379-ea73fa5f

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。