僕ハココニイル

グダグダと生きるオタの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

リレー小説 静止した時の中で 9

塩沢兼人さんは神声優でした(敬礼



<副題:冷徹冷静一週目終わりました♪>

冷徹冷静しかしてXXX!!の董子END終わりました~

感想かー

…Chienらしいく、前衛的な作品でしたw

まぁギャグ濃度が濃いからちょっと本編に物足りなささが…いや、ギャグは良いんだよギャグわ

(以下、評価サイトを参照にしてくださいw)





ちなみにパッチを当てて用語で”ごめんなさい”を調べると

ごめんなさい

ちゃっかりしてるやんか…





<小説の話>

今日はリレー小説です

なんて言うか…

おじさんのラストターン!?

なんか完結に書きすぎてリアルに最終局面ですwwww


ぶるーたすのあにき、ごめんね  おーあーるぜっと

静止した時の中で8話はこちら


書いてる時、ちょっち暴走してましたwww


さぁ、本編始まります






【橘 通】


止まっている世界の中、動けるのは俺と麻衣さんだけ。

「麻衣さん…」

俺は嫌な汗を掻いていた。
何か大切な事が失われそうで。

「…」

麻衣さんは冷たい視線でこちらを見ているだけだった。

「ごめんなさい」

ただ、謝るしか無い。

「こっちこそごめんね。
 変な物を渡してしまって」

「え?」

「その腕時計を売ったの、私のお婆ちゃんなんだ」

「そ、そうなんですか」

「私の家、お金が無いのに"大学に行きたい"って一言のワガママを言ってみたら、
お婆ちゃんの大切な腕時計を売りに出しちゃって…」


「なかなか良いお婆さんですね」


「最初は売りに出した事なんて知らなかった。

君が付けていた時に気が付いたんだ。

お婆ちゃんに聞いたらやっぱり売ってしまったって…」


俺は口を挟めなかった。


「その腕時計、買取返すわ。

とても大事な物だから…」


俺が立ち尽くしているときに麻衣さんは俺のポケットに札を一枚入れて腕時計を外して行った。

「それと、私は大学に行かないで就職する事にしたわ。

さようなら」





麻衣さんが立ち去ろうとしているのを俺は追いかけようとしたがどんどん体が重くなってきた。

"麻衣さんが遠くに離れてしまう"

俺の脳裏をその勘が巡った。

俺は伝えたい事があるんだ。

腕時計の事じゃない。

もっと大切な事なんだ。







そして俺の動きが完全に止まって、彼女の姿が消えた時、世界は動き始めた。






「う、うわ!」

友和の第一声がそれを知らせた。

「び、ビビるぜ…」

俺は歯を食いしばりながら伝えれなかったこの思いを酷く後悔した。

「おいおい、冗談が悪いぜ通」

友和が俺の肩を叩いて気が付いた。


ポケットに入ってた紙切れ。
取り出して見てみるとそこには一万円札とメモ用紙が入っていた。

「何それ?」

俺は折り畳まれたメモ用紙を広げて見てみるとそこには彼女の実筆で文字が書かれていた。



"腕時計の件はごめんなさい

できればこの事を忘れて


それとさようなら

本当は好きだった通へ"





俺の想いは今にも爆発しそうだ。

腕時計の件は忘れよう。

だけど忘れられない想いが有る。


「友和」

「何だ?」

「頭が悪い。 だから今日は休むわ」

「ちょ、意味わかんないし、しかもどんな理由なんだ!…っけど言っても行くんだろ?」

「悪いな」






俺は麻衣さんの後を追うように全力で走る。

例え肺が痛もうと、転けそうになっても…。




彼女の姿は全然見えなかった。

だけど走り続けた。

まるでメロスのように。

仲間の為でもなく親友の為でもなく恋人の為でも…。

ただ一言伝えたい想いだけを背負い。

走り続けた。

簡単な事だけど。

荷は重すぎる。

だけど負けない。


いや、負けられないんだ。

他人にとってはどうでもいい事。

俺もどうでもいいと考えた。

だけど何か許せないんだ。

今、言わないと二度と伝えれない気がして。





周りの世界は動いている。

だけど俺の気持ちは止まっている。

動けないんじゃない。

"動かして無いだけなんだ"

さぁ、止まった時間を動かそう。

この気持ちを届かせる為に。












気が付いたらもう夕暮れだった。

俺は闇雲に走ってたせいで自分の居場所がわからなくなっていた。

「何やってるんだろな…俺は…」

走った時に想い以外は虚しさだけがあった。

「そうだよ…麻衣さんはもう居なくなってしまったんだよ…」

嘆くに嘆け無いこの悲しさ。

何をすればいいのかわからなかった。






俺は歩いて家の方へ行こうとした時、1つ影が見えた。



「何をしているの?」

あぁ…よかった。

そこには麻衣さんが居た。
だけど彼女はまだ冷たい姿勢で立っている。

「1つ言い忘れた事があって伝えに来ただけですよ…」

心臓の鼓動が強くなる。

走った疲れの鼓動じゃない。

決心をした時の鼓動だ。

「腕時計の事ならメモ用紙に書いてた…」

「違うんだ」

「何が?」

「言いたい事が違うんだ」

「なら、何よ?」




麻衣さんが好きだって事を伝えたかったんだ

「え?」

「俺は」



「麻衣さんの事が好きなんだー!」



俺は空と君に叫んだ。


今、俺の想いは伝えた。





風が草を揺すり音を立てる。

音が止むとまるで世界が止まったような気がした。






彼女を見ると冷たかった表情が崩れ、一粒の涙が流れた。


「あり…が…と…」




静止した時の中で

俺は想いを伝え

彼女に伝わった

そして

動き出す

止まらない

この時間







Time is no't stop

"時間は止まらない"







ご苦労様です♪


ん~ちょっと使すぎだな~


そういうのなら修正すればいいのにって?

これでも修正したつもりなんだ…orz

自重しますorz




やるせないよねー

大切な人が目の前から消えそうになるのわ

(語ると終わらないので強制終了)





後、多分次回で…ブルータスさんが締めくくってくれるでしょう(無理やりバトンパスw

なんつーか繋ぎにくい終わり方だなおじさんわwwww

けど、この困難を乗り切ると今後の糧となるのだ(言い訳w

アトハ、タノミマシタ(逃亡



それじゃ~みなさん

瑞穂様(二週目)

ごきげんよう

スポンサーサイト
  1. 2008/03/18(火) 01:35:31|
  2. リレー小説 静止した時の中で|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:9

リレー小説 静止した時の中で 締めくくり(夏紗サイドなの) | ホーム | 彼岸花に別れを 第十四話「進入」

コメント

米レス

・アルク さん
冷徹冷静は人を選ぶ…てか、ちょっと全てにおいて際どいラインのゲームだからねwww
まぁサクサクできるギャグゲーって考えれば(ぇ

・マキなな さん
そーですか
まぁこれくらいを目処にどんどん採用していきますね♪

>最後の英語
ブルータスさんを参考にしたのでおじさんはそのままブルータスさんにパスを(マテ

・ポーパス さん
ナイスペドwww
ネタに走るのは良い事です
むしろそういうネタも書けないおじさん乙orz

>各場面に詩
おじさんの癖で最初と最後に詩をどーしても入れてしまうのだーw
後、色は自重しながら使ったのでちょっとしたアクセント程度っすw

>長文駄文乱文失礼しました
むしろ長文は好きですよw
だって、読者の気持ちが少しでも伝わるじゃないですか♪
まぁコメントが駄文と言うのならばおじさんの立場が無いじゃないか!w
基地外なおじさんにとって乱文は普通ダヨ?w

とても聞きたかった感想を言ってもらえて光栄です♪
それではまたイラッシャイマセ(うぇw
  1. 2008/03/18(火) 21:32:23 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

「腕時計の事ならメモ用紙に書いてた…」

「違うんだ」

「何が?」

「言いたい事が違うんだ」

「なら、何よ?」




「漢はみんなペドなんだよっ!!」


だったら及第点でした。私の中で。
いえ、作品を汚してしまってすいません。
ネタに走ってしまう癖があるもんで。ごめりんこ

真面目な感想を言うと・・・
色がつきすぎって言ってましたがそんなこと無いと思いますよ。
読んでいるとむしろ、もっと色濃く鮮やかな展開を期待していた私がいました。
各場面に詩を織り交ぜているところとか。色々です(抽象的で申し訳ないですが)

次回が最終話ということですが、この回で終了している感じがします。
そこが一番評価したいところなんですよ。次回に非常につなげやすい展開なんですね。

一度すべて完結したかのような印象を読者に与えている分、次回がどのような展開に転ぶかわからないという、期待が胸に押し寄せます。

今回の分の感想を総括すると、読者が求めるエンターテイメントがあって、非常によかった。
まぁいろんな意味がありますがディテールを記すと長くなるので割愛しますね。


これはあくまで私の感想です。
意味が分からなかったり、ムカついたりしたら2秒で消去してくださって結構ですww

長文駄文乱文失礼しました。
じゃあ、また遊びにくるっちゃ。
さよならっちゃノシ
  1. 2008/03/18(火) 19:14:44 |
  2. URL |
  3. ポーパス #- |
  4. 編集

色使いなかなか良いのではないかと。
使いすぎと思わなかったよ?

リレー小説お疲れさま。
毎回最後の英語がいい!
  1. 2008/03/18(火) 14:46:52 |
  2. URL |
  3. マキなな #- |
  4. 編集

まずは冷冷一周目攻略乙ってことで~♪
僕は相変わらずインスコすら・・・(ぁ
評判が微妙なんで多少心配ですが、そのうちプレイ開始したいですw

小説もおつでした
  1. 2008/03/18(火) 13:36:36 |
  2. URL |
  3. アルク #- |
  4. 編集

米レス

・ブルータスさん
夏紗クオリティにより急展開でスマソw
まぁ延ばされると蛇足になりそうなんで最後頼みますorz

ラストは…ご自由にw
  1. 2008/03/18(火) 12:08:49 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

急展開ー

え、自分のターンで最終回なんですか?!

麻衣がいなくなるところで回ってくるかと……。
はぅ、終わり方を考えなければw

  1. 2008/03/18(火) 10:58:22 |
  2. URL |
  3. 青+ #- |
  4. 編集

米レス

・とまぴょん さん
休まないよ?
だって休むと今、考えてる妄想…じゃなくて想像が消えてしまうーのw

>気になるもう1つの小説
かなーーーり嬉しい言葉です
しかし期待禁止(ぇw

ガンツはまだ3巻までしか読んでry


・マヤっち さん
いつか大切な人と出会うっすよ♪
その時は…全力投球でw
時には引く勇気も忘れず(ナンダッテー
  1. 2008/03/18(火) 10:45:01 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

小説お疲れっす

自分にはまだ本当に大切だと思える人がいないorz
いつかできると心から願うw
  1. 2008/03/18(火) 07:12:54 |
  2. URL |
  3. マヤっち #- |
  4. 編集

リレー乙でし
ゆっくり休んで
気になるもう一つの小説もあげてくだちい
・・・ごめんなさい
ちょっとテンション高くて
言葉がガンツ風にorz
  1. 2008/03/18(火) 03:12:53 |
  2. URL |
  3. とまぴょん #mSJ4b.Ho |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rakuboku.blog96.fc2.com/tb.php/370-f10fba97

リレー小説 静止した時の中で?

最終回ですよ! みなさんあおじるは~! 青+ですよん。 ?話はこちら。 ふむ。 シリアス分は?話で終わったね。(オレの中では) なら後...
  1. 2008/03/18(火) 13:40:56 |
  2. 青+汁

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。