僕ハココニイル

グダグダと生きるオタの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

リレー小説 静止した時の中で 5

<日記題名:生まれてきてスミマセンwww>



!

ブログRe一周&誕生日企画、
色々と予定変更になりました


まぁ元々やる気の無い選択肢ばかりだったんですけどねw

一応、絵をうpするはずだったのですけど…

orz 

うp予定の画像が失踪しておりましたorz


夏紗 まぁ適当な過去絵で埋め合わせしますねw

進藤さん すばらしく手抜きですね…

夏紗 そんなの昔から解ってたじゃんw だって、一年前と何も成長してないもん(ホロ涙

進藤さん フォローできないです!





<小説の話題>

今夜はリレー小説第5話デース

青+汁にて4話公開中でございます♪

いや~ブルータスさんには迷惑かけましたね~

繋ぎにくさ&土日の休業とかwwww
まぁそんな事気にしてたらリレー小説なんてやってられないですよね?(自己解決w

さぁ、気にせずどんどん逝こう(マテ

リレー小説本編






【橘 通】


休みの日くらいはのんびりしたいものだ。
だが、目的のある日はそうもしてられない。

とか言いながら布団からもぞもぞしながら腕時計を取って見てみるともう昼過ぎ…

「12時かよ…」

気だるさを残しながら俺は掛け布団を身にまといながらリビングへ行く。

「ん?」

テーブルの上に置き手紙が有った。

「ん~」

内容は簡単。

『出かけてくるから昼飯は自力で頑張れ』

頑張れって何だよ…。
仕方無いから物置に有るカップ麺を頂いた。

「健康に悪いな…」

ぐだぐだしながらも食事と着替えを済ませた。

ふむ…30分以内に出発準備が出来るとは流石だな俺。

そんな慢心な気分で俺は街に出かけた。
無論、掛け布団はリビングに放置して…




自転車を飛ばす事5分くらいで街の商店街に着いた。

あのお婆さんは居ないのかな?
そんな事を思いながら商店街を訳もなく徘徊していた。

そして、ちょうど八百屋の前を通り過ぎた時に頭の中で何かが囁いた。

『腕時計を活用するのだ!』

あ~脳内の悪魔が囁いてくる~。
特に逆らう事も無く、腕時計のボタンを押してしまった。

『タイム~スツゥップ!』

ちょっと格好良く押してみると、"世界は静止した"。

とりあえずだ。
八百屋の林檎を拝借しよう。
2個だけ…2個だけにしよう…。
拝借した林檎をポケットに詰め込んでその場から走って逃げた。

やがて腕時計がカチッカチッカチッと音を立て始めた。

3…2…1…。
『そして時は動き出す』

また格好良く決まったような気もしなくわ無い。
自分で言うのも何だか悲しいけどな…

そして俺は裏路地の入り口でゆっくりと拝借した林檎を美味しく頂いた。

「まぁまぁかな」



のんびりと半分くらい食べていると何処かで見た事のあるような人物が二人組で歩いていた。

…あー昨日も見たな~。


すると向こうもこちらに気が付いた。

「あれ? 通じゃねーか」

「トール君だ♪」

友和と亜希さんか。

「何そこでこそこそと林檎食ってるんだ?」

「いや~街行く人々をおかずにデザートを食べてるんだ」

「へ~」

「一個食うか?」

「お、悪いな」

俺はポケットの中に有った最後の1つを友和にパスした。

「亜希さんに分けてやれよ」

友和は、
「おっけー」
と言いながら林檎を気合いで割ろうとしていた。

「ぐおおおぉぉ! っく、この林檎は強敵だぞ!」

「馬鹿だろお前」

友和は林檎を割る事を断念して跪いて亜希さんに林檎を渡した。

「残念ながら俺には不可能の領域です…姉貴…」

「全部貰うね♪」

「どうぞ」

亜希はチビチビと林檎にかじりついていた。
ふむ、悪くない光景だな。


「そうだ通」

「何だ?」

「明日はどうするんだ?」

「明日…日曜日か…」

明日はどうしようかな~。
友和と退屈な休日を過ごすか、腕時計を使って何かするか…。

「まぁ暇だったら行く」

結論は急ぐ事も無い。

「んじゃ、来るなら明日の昼までに連絡してくれよ」

「私は大歓迎だよ~♪」

そして2人と別れを告げた。




さて…もう3時過ぎか…。

どうしようかな~。

途方に暮れながら少し赤みのかかった空を見上げた。




beautifully is quietness

"平穏であることは美しい"







はい、ご苦労様です♪

あー

なんかおじさんが通(主人公)を書くとどうしても”やる気の無い人間”になっちゃうなwww
やはりブルータスさんの所で修行を(ぇ

どうしても明るいキャラが難しいね~
まぁなんとか殺(や)ってやるぜぇ!(落ち着け



ちなみに最近、画像結構使ってますよね?

今週中には使いまわしタイムが来るので覚悟しておいてください(ぇ


ちょっと頭痛ですがそれではみなさん

紫苑様♪

ごきげんよう♪
スポンサーサイト
  1. 2008/03/11(火) 00:31:58|
  2. リレー小説 静止した時の中で|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

彼岸花に別れを 第十一話「ワカレ」 | ホーム | 彼岸花に別れを 第十話「平凡な日々」

コメント

米レス

・マキなな さん
絵は期待しないでくださいw

・ブルータス さん
らめぇーw

>小説
のんびりでいいですよ~♪
  1. 2008/03/11(火) 23:53:00 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

途方に暮れてます。

過去絵に期待してますw

>小説
この日の続きか……智和の家の話か……。
少し時間がかかるやもしれませんOTL
  1. 2008/03/11(火) 22:39:22 |
  2. URL |
  3. 青+ #- |
  4. 編集

あらら、うp予定の絵が失踪とは残念。
過去絵に期待しようw

>林檎を拝借
時間を止める能力を持つとやはりこの手のいたずらをやりますね。
さて、今後どうなることやら。

ごきげんよう。
  1. 2008/03/11(火) 14:59:42 |
  2. URL |
  3. マキなな #- |
  4. 編集

米レス

・暇音 さん
絵…うp…できるかな?…(ぇ

>平穏
あーそれは…orz
  1. 2008/03/11(火) 01:07:59 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

絵のうp楽しみですよ~♪

>"平穏であることは美しい"
これから平穏じゃなくなるのかな・・・
  1. 2008/03/11(火) 00:51:27 |
  2. URL |
  3. 暇音 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rakuboku.blog96.fc2.com/tb.php/360-7fc8aea4

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。