僕ハココニイル

グダグダと生きるオタの呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

彼岸花別れを 第三話「問い」

勝利のポーズな夏紗 (高く振り上げた左腕)ノミ

進藤さん どうしたんですか?

勝利のポーズな夏紗 二日連続で負けた分を取り戻した! (+27000円)

進藤さん また…行ったんですか・・・はぁ…

勝利のポーズな夏紗 今月のスロットの話しはこれでお終いだ!

進藤さん どうして急に?

勝利のポーズな夏紗 だって、この話題はそろそろ飽きてきたもん(本音

進藤さん (それだったら最初から黙ってろよ…)




はい、今日は手っ取り早く逝きますよw

ぶっちゃけ、今書いてる小説のストックが無くなったにも関わらずにもう新しい小説を書き始めてますwwww

今週の土日辺りに息抜き編としてうpする予定デース
って、言うかもうこのブログって小説以外うpする気無いだろorz
だって、話題が無いもん…



そろそろ小説読み飽きましたか?

まぁ飽きた人は最初の記事だけでも読んでくださいw
飽きてない人は…まぁがんばれwww

とりあえず今はやりたい事だけやっておきますねw








さて、今晩も序章orz

進展は第4話からです(リアルにw

あぁ、ちなみに嚢がホームレスをしている理由は後々に語る…予定かもw

それじゃ~始まります~





登場人物紹介 その3

嚢(のう)

本名:不明
性別:女性
年齢:見た目は高校2年生くらい
容姿:青眼青髪で、どこかの学校の制服のような服を愛用している

詳細は今の所は不明

普段はマスターが経営している「breeze”そよ風”」と言うバーに居座っている
住まいは路地裏に存在するダンボールハウス「(嚢曰く)ぐれーとはうす」と言う所で寝泊りしている
普段は特にやる気の無さそうな素振りを見せているが、真剣になると普段見せない凛々しさを出す

なお、教会側で認知されている「蒼い死神」と同じような容姿なのだが、本人は否定している
言動からして、死神の事は少しは知っている様子





(本編)



今晩も化け物が徘徊していた。

「悪い子はいねぇか~」

「悪い子はあんたよ!」

シスターナカミは化け物の前に立ちふさがった。

「悪い子だから、お仕置きされても仕方がないよね?」

すると化け物は、
「え~どうだろ?」
とか言ってみせた。

シスターナカミは返答が終わる前に銃弾を打ち込んだ。

「残念だけど、良い子でも悪い子でも化け物の時点で退治される運命なのよ!」

「やかましいわ!」

化け物がナカミに襲いかかる。
だがナカミは化け物の攻撃を避けながら銃弾を打ち込んでゆく。

「また堅い奴!」

化け物は銃弾を弾いていった。

しかし突然化け物が苦しみ始めた。

「ぐおお!」

「え? 何?」

そして化け物は一瞬で砂になった。

シスターナカミは化け物の後ろに居た青髪の少女を見た。

「蒼い…死神!」

逆光の中、ナカミは死神の顔を見ようとしたが…仮面を被っていた。

「あなたが"蒼い死神"なのね?」

死神は小さな声で答えた。

「それは周りが言ってるだけの名よ」

「なら本当の名前は?」

「やっぱり"蒼い死神"でいいわ」

「なんだそりゃ」

「言いたい事はそれだけかしら?」

死神は冷たい眼差しでナカミを見た。
ナカミは背筋がぞっとした。

「なら、私はもう去るわね」

そして死神は消え去った。
まるで蜃気楼のように…






ナカミしばらくは蛇に睨まれたように動かなかった。


「………」

ナカミは考え事をしていた。

あの死神にいて…

「あーもう! わからない事だらけじゃないの!」

ナカミは考える事を止めた。

「今度会うまでに何を聞くか考えて置こう! うん、そうしよう」

自分自信の気持ちを整理してからナカミは車に戻った。


「今日は疲れたから早く帰ってシャワー浴びて寝よう」





そして今夜の事件は幕を閉じた。







ご苦労様です~♪



ここでちょいと誤解を招かないように一つだけ言いたい事がアリマスw

・化け物の言動
あぁ、なんかふざけてる感じだけど、ちゃんと理由が有るんダヨ(多分w



まぁまだ序章なんでいきなり深読みとかされてもきっとその読みとは別の方向に向かうと思うっすよ

だって、書いてる人が…基地外なおじさんだもんw

焦らずゆっくりのんびり一緒に行きましょう♪

それではごきげんよう~

スポンサーサイト
  1. 2008/02/28(木) 01:07:04|
  2. 小説 -彼岸花に別れを-|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

02月28日のココロ日記(BlogPet) | ホーム | 彼岸花に別れを 第二話「予兆」

コメント

米レス

・マヤっちさん
まぁ結果的にやっても一緒だったって事ダヨw

>小説
テスト勉強を放り出して来てもらえるとは…
よし、それならこっちは小説自体を勉強のように(マテ


・ブルータスさん
ありがとうございます&色々とすみませんねw orz


・とまぴょんさん
実は近場の友人はブログを経営するのが面倒で倒れて逝った中の生き残りなんでこれ以上の被害は(ぇ

>読み続けますよ
励みになりますorz
  1. 2008/02/29(金) 00:41:03 |
  2. URL |
  3. 夏紗 #ZVzdCB2E |
  4. 編集

じゃあ、飽きたらブログ見るの辞めます
・・・嘘ですけどね
まぁ、人の小説見るのはニヤニヤが止まらなくてとても楽しいので
読み続けますよ
  1. 2008/02/28(木) 23:57:48 |
  2. URL |
  3. とまぴょん #sSHoJftA |
  4. 編集

飽きてないので小説読みますw

  1. 2008/02/28(木) 23:25:07 |
  2. URL |
  3. 青+ #- |
  4. 編集

>スロット
負けた分取り戻せるとかスゴw

>小説
テスト勉強もぜずに読みに来ちゃってますw
更新楽しみにしてます~
  1. 2008/02/28(木) 17:57:49 |
  2. URL |
  3. マヤっち #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rakuboku.blog96.fc2.com/tb.php/346-77ab6eb2

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。